日勤専従看護師として働く!

夜勤専従看護師に関する情報をご紹介いたします!

看護師の就職・転職「日勤専従」

人命に関わる“看護師”さんのお仕事には、どうしても夜勤がつきものです。 「ナースのお仕事=夜勤を含むシフト制」というイメージが強く、事実多くの看護師は 昼夜を問わず組まれたシフトに従って日々勤務していますね。

フットワークの軽い独身の看護師であれば問題は無いでしょうが、 子育てなど家庭の事情を抱えた看護師にとって、この「夜勤」というもの は就職・転職においての一つのネックになっているのではないでしょうか。

じつは、「夜勤が無理だから…。」と諦める必要はありません。 看護師の中には“日勤専従”というスタイルで働いている方も存在しています。 “日勤専従”とは、読んで字のごとく「日勤のみで働く」という働き方を指しています。

日勤のみ、となってしまうと、夜勤手当が受けれる看護師と比較して収入はダウンしてしまうのですが 上に書いたような事情を抱える看護師にとっては魅力的なのではないでしょうか。 日勤専従で日中のみ働き、夜の間はシフトが入らないのであれば 各々の家庭の事情もクリアしながら看護婦人生を続けていく事が可能でしょう。

また、例え家庭の事情を抱えていない方(独身の看護師 など)であっても、 規則正しいライフスタイルやプライベートの確保というメリットは大きいはずです。

一概に「メリットばかりです!」とは紹介できない“日勤専従”というスタイルですが、 どんなスタンスで看護師人生を歩んでいるのかはその人その人え異なるものです。

「高収入を狙いたい、その為の夜勤はがんばれる!」と感じる看護師もしらっしゃるでしょうし、 「収入よりも重要なのはプライベートと、健康的な毎日だ!」と感じる看護師もいらっしゃるでしょう。 自分自身、何を求めて就職・転職をしているのか、まずはそこを揺るぎない物に 固めることこそが、求職活動での第一歩となるのではないでしょうか。

“日勤専従”でのメリット・デメリットを天秤に掛け、公開のない・自分らし就職を叶えて下さい。