葉酸サプリが流産防止に役立つ?

妊娠をすると出産に向けて期待が高まっていくのに対し、流産に関する不安を抱えてしまう方もいるでしょう。 特に、過去に流産の経験があるという方の場合、今度は大丈夫なのかと大きな不安を感じてしまうはずです。

流産にはいくつかの種類がありますが、特に多いとされているのが赤ちゃんの脳や脊髄の成長にトラブルがあり、二分脊椎や無脳症、ダウン症といった障害が起きた時に流産に繋がってしまうケースがあります。

この中でも特に死産に繋がりやすいとされているのが無脳症です。 仮に無脳症になってしまった場合、全体の80%が死産になり、残りは流産に繋がってしまうとされているため、とにかく予防することが重要だといえるでしょう。

そこで重要になってくるのが葉酸サプリです。 葉酸は脳や脊髄が健康に成長していくために欠かせない栄養素でもあります。 つまり、十分な量の葉酸を取り入れることは脳や脊髄が成長していくのをサポートし、障害のリスクを抑えることにもつながるということですね。

これは科学的にも証明されているため、厚生労働省からも妊活中・妊娠中は葉酸を取り入れるように推奨されています。

また、葉酸は着床した受精卵が流れてしまうのを防ぐのにも役立ってくれる成分です。 これを化学流産というのですが、充分な量の葉酸を取り入れることにより子宮内膜が強化され、受精卵を守ってくれます。

他にはお腹の中で赤ちゃんが十分に成長せず、稽留流産という流産に繋がってしまうケースもあるのですが、こちらの場合も葉酸を取り入れることでリスクを減らすことができるのです。

葉酸を取り入れると子宮の血流アップに繋がり、赤ちゃんに多くの栄養素が運ばれやすい状態となります。

ただ、葉酸サプリであればなんでもいいというわけではありません。 葉酸サプリの中には安全性が証明されていないようなものもあるため、そういったものは避けておいた方が良いでしょう。

ただ、葉酸サプリであればなんでもいいというわけではありません。 葉酸サプリの中には安全性が証明されていないようなものもあるため、そういったものは避けておいた方が良いでしょう。

ページの先頭へ