葉酸の多い食品とは

葉酸は、妊娠を希望している方や妊娠している方、それから授乳期の方にとっても必要な栄養素です。 それらの時期にある方は、サプリメントからも摂り入れていくことが重要ではありますが、葉酸の含まれる食品もチェックしてみましょう。

特に、食事から摂取している栄養素のバランスが偏っていると感じている方は食事から十分な量の葉酸が摂取できていない可能性が高いです。 野菜中心の食生活になっている方は葉酸摂取量も足りている事が多いものの、野菜が苦手という方はどういった食品を摂り入れていけば良いのでしょうか。

まず、納豆がおすすめです。 1パックで60μgほどの葉酸を摂取できるので、こちらも積極的に取り入れていくと良いでしょう。 他には焼き海苔にも葉酸が豊富に含まれています。

また、野菜類にも葉酸が豊富に含まれているのですが、特に多いものをいくつか紹介しましょう。 例えば、モロヘイヤは100gに250μgの葉酸と豊富な葉酸が含まれているので、こちらも摂り入れてみると良いですね。

他にはほうれん草も葉酸が豊富なのですが、これらの葉物野菜をゆでるとせっかくの葉酸がお湯の中に溶け出してしまうので、スープなどでゆでたお湯も一緒に摂り入れましょう。

それが、いちごやみかん、キウイ、アボカド、バナナといった果物やホタテ、ウニなどの魚介類にも含まれています。 キノコ類も葉酸が豊富で、エリンギやえのき、マイタケなども取り入れていくと良いでしょう。

自分は葉酸サプリを摂り入れているから、食事内容で特に注意する必要はないと考えている方もいるかもしれません。 ですが、厚生労働省は食事からのみでなく、サプリメントからも葉酸を摂取するように推奨しています。

これは、食品から摂取できる葉酸は既に弱いだけでなく、調理する過程で水に溶け出してしまったり、胃酸で分解されてしまうという問題点があるからです。

そのため、たくさん摂取したとしても吸収率が低く、体内に十分な量の葉酸を取り入れることができません。 天然葉酸と葉酸サプリの両方を取り入れ、妊活や赤ちゃんの成長をサポートするのに役立てていきましょう。

ページの先頭へ