看護師の手当は様々あります!

夜勤専従看護師に関する情報をご紹介いたします!

看護師の求人選びでは「手当て」がポイント!

一般的に、収入面が優遇されたイメージのある“看護師”という職業。 少し古いデータですが、平成20年の女性看護師平均収入は457万円だと言われています。

もちろん、准看護師か・正看護師か、また男性なのか女性なのか、 さらに看護師本人の年齢によってもバラつきがあります。 また、なにより気をつけたいポイントとして、基本給の高・低や“手当て”の有無も 就職後の収入を大きく左右さる!という事をぜひ覚えておいて下さい。

看護師の“手当て”には、

・専門、認定看護師
・危険手当(精神科 など)
・夜勤手当
・休日出勤手当
・保育手当(お子様のいる看護師)

などが上げられます。

看護師の求人選びにおいて、この“手当て”のチェックは大変重要なものになってきます。

例えば、基本給が良いとされるものに“美容整形”、“美容外科”などがあるのですが このような病院の場合、夜勤勤務が存在しないケースがほとんどですので夜勤手当てが期待できないでしょう。

いくら基本給が高額であったとしても、手当てなどを含めるとその他の病院より低くなってしまうケースも珍しくありません。「基本給が良い!」と、目の前のメリットに飛びついて就職した場合、このような事実に気付くのが遅れてしまい、その結果「就職・転職に失敗した…。」 といった事態に陥ってしまう可能性も秘めているのです。

とくに、出産や子育てを機に離職してしまいブランク(空白期間)のある看護師による求職の場合、 その病院での勤務年数が収入に反映されないぶん“基本給”や“手当て”が収入にダイレクトに影響します。せっか外とに出て働きだそうと決意したんですから、後悔の無い就職を叶えたいですよね。

基本給や手当ては、その病院ごとに少しずつ差がある物です。看護師の求人選びでは、基本給と手当てとのバランスをよく検討し納得のいく条件の求人をチョイスするよう心がけて下さい。 せっかく就職・転職するのであれば、より好条件でスタートを切りたいものですよね。